連帯保証人解説サイト

連帯保証人とは?

皆さんはどのような制度(システム)でどのような権利を持つのか、どのような義務を負うのか知っていますか?

とても分かりやすく説明をすると連帯保証人というのは、借金をした人が何らかの理由でその借金の返済ができなくなったときに、借金をした本人に代わり借金返済することになってしまう人です。 親などが子供の借金を自発的に返すような場合は違います。あくまでも法律的に“お金を返す義務を負う人”のことを言います。

*厳密に言えば、いきなり返済を請求されることもあります。これがこの制度の怖いところでもあります・・・

特別に事業をするとか、会社経営をする訳ではなくとも、一般の方が普通に生活をするだけでも“連帯保証人”という制度を利用しないで一生を終えるということは無いのではないでしょうか。 身近な例でいうと、賃貸住宅をに住むときは、大家さんに対して家賃を支払う義務を負いますが、この家賃の支払いを保証するためにも連帯保証人を付けることがほぼ必須となっています。 車を購入するとしたら大方の人は一括での支払いはできないでしょう。そのようなときは銀行や信販会社を利用して車を買うわけですが、このようなときも連帯保証人は必要となるわけです。 以上のような例については、誰でも経験するようなことですが、一生で一番大きな買い物になるであろう家屋、土地を購入するなど多額のお金を借りるときも連帯保証人(連帯債務者の場合もあります)を要求されることになるわけです。 このような例を見ていくと、会社経営者や、事業をしない一般の普通の人でも、現代社会では連帯保証人という契約に直面しない人のほうが少数派になることでしょう。

ここまで身近な制度(システム)であるのにあまりにも何もしらずに契約をする人が多いのが現状です。

借入先をお探しの方はこちらへ





このホームページで説明している連帯保証人という制度(システム)は、お金を借りた人以外も、その借りたお金を返済する責任を負ってしまう少し理不尽にも感じられる制度であり、契約です。 他人(親族の場合が多数ですが)が負った借金を借金とは関係の無い他人が代わりに返済することになるというのですから、契約に納得できなくても現代社会ではいろいろな場面での契約に連帯保証人が要求されている以上は、納得できなくても契約せざるを得ないという理不尽な話ともいえます。

連帯保証人になることによって、人生が狂ってしまし自分はお金を借りていないのに自己破産に追い込まれたり、絶対にあってはならないことではあるのですが命を絶ってしまう方現実にいます。

詳しく制度や仕組みを知らなくてもなんとなく怖い契約ということは知っているからでしょうか、親や身近な人から 「連帯保証人にはなったらダメだぞ!」と言われる人も多いと思います。 親などに幼い頃からこのような話を繰り返し言いきかされた人もいることでしょう。 しかしながら、どんなにこの制度について言い聞かされたとしても、実際にどのような仕組みや、法的義務があるのかを本当に理解している人は少ないのではないでしょうか?

この制度の実態、仕組みなどを理解しないで、なんとなく怖い制度だと考えて避けて生きていこうと思っても、実際にはいつかは利用したり、自分が連帯保証人ならざるを得ない場面にも出会ってしまうのです。 そのような場面に直面したときに慌てないように、何も知らずに「連帯保証人はいやだ」「怖い制度だ」と考えるのではなく、この制度が実際にはどのようなもので、どのような契約なのか?どのような責任を負うのか?を分かった上でそのときに備えて頂けたらと思っています。

本ホーム―ページでは、この分かりにくい制度について知っているようで知らない知識について、どのようなものか?ただの保証人との違いは?他の種類の保証などについて解説しています。 法律に詳しくない一般の人にもできる限り理解して頂けるような記載を心がけておりますのでぜひともご覧ください。

漠然としたイメージで「怖い」「なりたくない」と思っていらっしゃかるかもしれませんがこの制度は本当に「怖い」ですし、「なりたくない」制度で大変に重い責任を負うものです。 とはいえ、既に説明をしているとおり現代で生活をしようと思うと借金をするときに限らず、アパートなどの部屋の賃貸契約でも連帯保証人を要求されるなど、連帯保証人という契約制度に関わらずに生活をすることは無理なのが現実です。


そうであれば、連帯保証人の制度を少しでも理解し、連帯保証人制度を利用する必要がありまし、トラブルになってから慌てるのではなくある程度の基礎知識は身に付けておいたほうが良いでしょう。


法律を絡めて契約を説明するというと難しいという印象があると思いますが、本ホームページではできるだけ分かりやすく解説をしています。


借入先をお探しの方はこちらへ



相談先は?

どうしても連帯保証人制度について分からないことがあったり、困り事が発生した場合には弁護士や行政書士(裁判所の問題については行政書士は相談に応じることができません。)に相談することも考えてみてください。
*本ホームページでは連帯保証人に関する困りごと等のご質問・ご相談対応は行っておりません。




連帯保証人の問題や借金の問題について相談できる機関専門家を紹介しましょう。



・行政書士

 行政書士は弁護士のように裁判所の書類作成や相談業務を行うことはできません。しかし、連帯保証人についての記載のある契約書作成など、裁判所外での書類作成の専門家です。行政書士事務所は弁護士事務所のように大都市圏に集中していないため、皆様がお住みになっている地域にも看板が出ていると思います。まずは気軽に電話をしてあなたの契約や、契約書作成に関する困り事の相談にのってもらえるか聞いてみましょう。



・司法書士

 司法書士は、弁護士と同じく裁判所へ提出する書類の作成などが行える国家資格者です。しかし、司法書士の先生方皆さんが連帯保証人・借金の問題などを扱っているとも限りません。司法書士の中には登記業務などを専門的に扱っている場合もあるからです。司法書士に相談しようと思ったら皆さんがお住まいの地域に設置されている「司法書士会」に電話をして連帯保証人に関して相談できる司法書士を紹介してもらうと良いでしょう。

 司法書士は契約書作成の専門家ではありませんが、連帯保証人の問題で裁判などを検討している場合は司法書士への相談をご検討ください。




・弁護士

 連帯保証人に限らず言わずとしれた法律の問題のプロフェッショナルです。連帯保証人・借金の問題についての業務もほとんどの事務所が扱っているでしょう。連帯保証人・借金の問題についても司法書士とは違い、請求額が大きくなった場合にもすべての裁判所手続きを代理して行うことができる唯一の資格者です。敷居が高く感じるかもしれませんが、各地域に設置されている「弁護士会」などに電話をして連帯保証人・借金問題について相談できる弁護士を紹介してもらうと良いでしょう。


 弁護士も行政書士と同じく契約書の作成を当然行えますので、連帯保証人の契約についての困り事の相談は弁護士へのご相談をご検討ください。



「連帯保証人.com」の情報が少しでも皆様のお力になれれば幸いです。



本ホームページは、エスティオフィスが運営しております。



本ホームページに記載されている内容に基づき損害を負った場合も、本ホームページ運営責任者は一切の責任を負いかねます。
自己の責任のもとに情報を利用してください。判断に迷うことについては、弁護士等の専門家に相談されることをお勧めします。



自己破産の手続き情報ならこちらもご覧ください。

自己破産の手続きは?手順は?自己破産こんな場合はどうなる? 連帯保証人が自己破産をする場合もあるでしょうし、あなた自身が連帯保証人の自己破産によって自分自身も自己破産という選択を考えなくてならないときがくるかもしれません。 そんな自己破産手続きの問題についての解説から自己破産関連書籍の紹介などを行っています。

自己破産手続きを学ぼう!
自己破産手続きwebをご覧になって弁護士や司法書士に相談するとしてもある程度の基礎的な知識は身につけておくことをおすすめします。

こちらから『自己破産の手続き』情報をご覧ください。




自己破産の相談情報ならこちらもご覧ください。

自己破産をすると決めたあなたは誰に相談するべきか知っていますか? 法律家といっても弁護士だけが自己破産の専門家ではありません。しかし、弁護士以外の法律関連資格者がすべて自己破産の相談相手になってくれる訳でもありません。 そんな自己破産相談相手の問題についての紹介から自己破産についての書籍についても紹介しています。

自己破産の相談をしよう!
自己破産相談webをご覧になってあなたの自己破産の悩みを解決しましょう!

こちらから『自己破産の相談』情報をご覧ください。

連帯保証人.com TOP

借入先の選択肢
基礎知識の紹介
こんな場合どうなる?
こんな保証制度もあります
あなたの経験談募集中!
御問合せ
運営事務所のご紹介
相互リンク集
連帯保証人とは?

本ホームページでは一般の方が普段あまり意識しないで利用している法律制度である連帯保証人についての解説をしています。 あなたも連帯保証人についての知識を深めて日常生活でお役立てください。